« 【1】ドルアーガの塔とのすれ違い | トップページ | 目次 »

【2】FC版『ドルアーガの塔』との出会い

 『ドルアーガの塔』と本格的に向き合うことになったのは、アーケード版の登場から一年後。
 1985年に発売されたファミコン版『ドルアーガの塔』が、自分にとって最初に向き合った作品だ。
 当時、ファミコンはいわゆる「裏技ブーム」に涌いていた。開発者がキチンと設定した仕様から、カセットをズラして動作不良を誘発させる行為まで、再現性 があれば「裏技」としてゲーム雑誌に紹介された時期。そして、その知識をいち早く知ることが、当時の子供にとってステータスのひとつであった。
 ましてや『ドルアーガの塔』ともなれば、1面にひとつは裏技が仕込まれているようなゲーム。折しも『ゼビウス』のあたりからゲームの攻略本も発売され、この『ドルアーガの塔』においては攻略本も巻き込んでのブームを巻き起こしたのだ。

 とはいえ、FC版を買ったのは自分ではない。近所に住んでいた友達のMが買ったというので、ちょくちょく遊びに行っては持ち主以上に没頭し、さらに借りては没頭していた。
 そして、持ち主でもないのに、攻略本まで買ってしまった。緑色の表紙の、アスキー出版「ドルアーガの塔のすべてがわかる本」である。
 これがある意味で運命的な出会いだった。冒頭の見開き2ページに書かれたストーリーは、ゲーム本編に直接影響のない設定としては、濃厚すぎるものだった。ゲーム本編もさることながら(アクションゲームとしては面白いことは間違いないので)、この今までにないストーリーで『ドルアーガの塔』の魅力に取り憑かれてしまったのだ。
 ちなみに、『ドルアーガの塔』の開発者である遠藤雅伸氏が、その前の作品『ゼビウス』でも「ファード・ラウト」という、もっと濃厚な設定を盛り込んでいたことを知ったのは、ずっと後の話。

 ともかく、他人の所持品でありながら、FC版にはひたすらのめりこんだ。
 攻略本を2冊以上買うわ、BGMを録音するわ、さらには「リセットボタンを連打すると裏面に行ける」という情報も、借り物のカセットであることも忘れて何度も試した。
 やがて他の魅力的なゲームが発売され、『ドルアーガの塔』を遊ぶ機会はどんどん減っていった。
 しかし、それでも濃密な世界設定とともに、『ドルアーガの塔』は心の中で大事な位置を占めていたのだ。
 それは20年以上経った今でも、変わることはない。

NEXT:【3】ギルとカイへの過剰な愛情

|

« 【1】ドルアーガの塔とのすれ違い | トップページ | 目次 »

ドルアーガの塔」カテゴリの記事

コメント

ファミコンはこのドルアーガの為に買いましたヨ。裏面も確か60面あって、自力で攻略、さらにそのバグ面みたいなものも何面あるか忘れたけど全部マップまでバグのまま書き留めたりしました。懐かしいな~

投稿: ダイ | 2007年9月 1日 (土) 18時18分

早速のコメントありがとうございます。
当時は「攻略情報を知ってること」がステータスだったので、さっさと攻略本を買っちゃって、自分で攻略することを放棄しちゃってたんですよ。今考えると、勿体ない気もします。
バグ面はBGMが一音欠けてたり、キャラの色もヘンだったりで、子供心になんか恐かったですね(笑)。

投稿: GIL | 2007年9月 2日 (日) 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211365/16308279

この記事へのトラックバック一覧です: 【2】FC版『ドルアーガの塔』との出会い:

« 【1】ドルアーガの塔とのすれ違い | トップページ | 目次 »