« 最後のインベーダー世代? | トップページ | 【5】女神の優しさと意地悪 »

【4】『カイの冒険』の戸惑い

 『イシターの復活』(ナムコ・1986年)で、ギルとカイは塔からの脱出に成功。これにてシリーズは完結…と思われていたが、1988年になってファミコンオリジナルのタイトルとして『カイの冒険』のリリースが発表された。
 その立ち位置は、『ドルアーガの塔』の前のエピソード。ストーリー上でしか語られていなかった、「ギルが負傷で床に伏せっている間、カイがイシターの命で単身塔に向かう」という部分を、ゲームにしたものだった。

 いざその姿が雑誌などで紹介されると、前2作とはまた異なる雰囲気に、ファンは驚かされることとなる。

■いくつもの設定が明らかに
 『ドルアーガの塔』『イシターの復活』当時は明らかになっていなかった、数々の設定がデモ画面で明かされた。
 ギルたちの出身国である「バビリムのまち」、そこを流れる川「ユーフレイト」、ギルの父親である「マーダックおう」、バビリムに攻めてきた敵国「スーマールていこく」とその長「バララントこうてい」…。これらは皆、この作品で初めて公にされた設定である。
 また、カイがイシターより賜った「勇気を身軽さに変えるティアラ」は、『ドルアーガの塔』においてギルが賜った「勇気を力に変える鎧」と好対照をなし、ゲームシステムに無理なくとけ込んでいる設定として感心させられた。

■イメージイラストが篠崎氏ではない
 前2作までを遠藤・内藤・小沢・篠崎の4氏が中心となって手がけていたため、この「チーム・ドルアーガ」とも言うべき面々が『カイの冒険』でも中核をなすもの、と当然のように思われていた。
 ところが、パッケージをはじめとする各種イラストを手がけたのは、篠崎氏ではなかった。
 スタッフロールによると、パッケージイラストを手がけたのは「チャーミー そのえ」氏。また、漫画家・イラストレーターのときた洸一氏が、パッケージイラストの“仕上げ”と取扱説明書のイラストを手がけている。ときた氏は当時『えりかとさとるの夢冒険』やPCエンジン版『ワンダーモモ』など、一連のパッケージイラストを手がけている。その流れからすると決して不自然ではないのだが、シリーズのイラストは篠崎氏…という印象があっただけに、それが覆ったことの違和感は大きかった(なお、ゲーム内で表示される画像の元イラストは、篠崎氏のものと思われる)。
 なぜかカイの瞳が赤く、また画風がアニメ調だったことも、その違和感の一因だったのかもしれない。

 ちなみに、ナムコ広報誌・NGでソフト紹介時に付けられたキャッチコピーは、「ボクってロリコンかな」。恐らく、「二次コン(二次元コンプレックス)」とごっちゃになったものと思われる。
 いずれにせよ、当時のNGは広報誌でありながら、ナムコの方針に異議を唱えることが多かった。このキャッチコピーもまた、一連のイラストに対する皮肉を含んでいたのかもしれない。

 その他にも、事前情報では「カイは一切攻撃できない」「価格が3,900円」などの特徴も見られた(当時のナムコのファミコンソフトは、定価が最低でも4,900円であり、同年3,900円で販売された他のソフトは、同じく遠藤雅伸氏制作の『ファミリーサーキット』のみだった)。
 しかし、実際にゲームに挑戦してみると、そうした事前情報からくる違和感を遙かに上回る“勝手の違い”に遭遇することとなる。

NEXT:【5】女神の優しさと意地悪

|

« 最後のインベーダー世代? | トップページ | 【5】女神の優しさと意地悪 »

ドルアーガの塔」カテゴリの記事

コメント

篠崎氏の描いたカイも目は赤いですよー

投稿: | 2009年3月 1日 (日) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211365/16342703

この記事へのトラックバック一覧です: 【4】『カイの冒険』の戸惑い:

« 最後のインベーダー世代? | トップページ | 【5】女神の優しさと意地悪 »