« 【19】我思う、故にアレンジあり | トップページ | 【9】TODを褒めよう――その前に『ゼビウス』を褒めよう! »

【20】歌姫は静かに降臨する

 あなたは、たった1曲の音楽に惹かれたことがあるだろうか。
 そのたった1曲のためだけに、CDを探し回ったことがあるだろうか。
 その1曲から広がった新たなる世界に、感動したことはあるだろうか。

 80年代後半から盛り上がってきたゲームミュージックのアレンジは、1990年に入り“ゲームミュージックフェスティバル'90”の開催で、ひとつの到達点を見た。そして、それを足がかりに更なる高みを目指し、S.S.T.BANDやZUNTATAに追いつき追い越すべく、ゲームミュージックの作曲者たちは思い思いに牙を研ぎ始めた。
 それが翌年以降、多彩なゲームミュージック・バンドのデビューという形で結実し始め、またバンドに依らずとも表現手段も多彩になったことで、さらにゲームミュージック界の盛り上がりは増していくことになるのだ。
 そんな中、じつはこの90年末、とある歌姫が静かに我々の前に姿を現していた。この歌姫もまた、後にゲームミュージック界に大きな足跡を残すこととなる。しかし、この時はまだその名を知るものは、ほとんどいなかった。

 1990年12月15日、歌姫は意外なところに降臨した。
 サイトロンより1500シリーズとしてリリースされた、データイーストの作品『ダークシール』
 ファンタジーを意識したこのゲームは、しかし俯瞰視点という特殊さや操作の難しさもあり、あまり大ヒットとはいかなかった。音楽の方は、クラシカルかつおどろおどろしい曲調が、一部では話題となっていた。
 そして、このCD『ダークシール』に収録された2曲のアレンジ曲が、やがて大きな話題を呼ぶこととなる。
 アレンジを手がけたのは、葛生千夏(くずうちなつ)。さらに英詞とボーカルも担当している。

 葛生千夏は、もともと作曲家・ボーカリスト・コンポーザーとして活動しており、CMソングなどを手がけてきた。筆者個人の思い入れで言うと、最初の出会いは80年代に流れたリョービの企業イメージCMの楽曲「Nature Rewards Me」。当時フジテレビ系の番組「プロ野球ニュース」で、毎日のようにこの歌を聴いており、その不思議な音の響きがずっと心のどこかに引っかかったままになっていたのだ。
 その彼女が、縁あって『ダークシール』のアレンジ曲「The Sword of Delight」「Overcome Your Despairs」の2曲を手がけた。
 どちらもそもそも原曲があって、それをアレンジしたものであり、そのため普段の彼女の作風とはひと味違っている(おかげで筆者は件のCM曲の人だと気がつかなかった)。だが、凛とした歌声、そして揺るぎないメッセージを持った歌詞に、心を捉えられてしまった人は多い。前向きなメッセージをファンタジックな英詞に秘め、朗々と歌い上げる。とりわけ「Overcome Your Despairs」の「ひとりぼっちなら ぼくなんてどうかな」といった歌詞に、短い曲ながらも切々たるメッセージが感じられた。現在も葛生千夏ファンという人の中には、このCDが切っ掛けだったという者も多い。

 この後、彼女のゲームミュージック界における活躍は、さらに活発になる。
 翌91年には、パソコン用ゲーム『ポピュラス』のアレンジアルバムとして、サイトロンより発売された『SOUND WORLD OF POPULOUS -G.S.M.IMAGINEER 1-』に、ボーカル曲「Populous Main Theme」を提供。こちらは『ダークシール』とは一変し、神話のような歌詞と重々しいアレンジの“葛生ワールド”が展開された。
 そして92年、『ダークシール』の続編『ダークシールII』において、すでにデビューしていたデータイーストのゲームミュージック・バンド“GAMADELIC”と共演という形で、アレンジ曲「THE GATE OF DOOM」を発表する。吟遊詩人の酒場での歌唱を思わせるような幻想的な仕上がりは、傑作の呼び声も高い。
 その一方で、インディーズながらオリジナルアルバムも発売。91年『THE CITY IN THE SEA』、92年『THE LADY OF SHALOTT』は、ともに彼女の世界を表現して有り余る作品と言えよう(前者には「Nature Rewards Me」、後者には「Populous Main Theme」を収録)。
 これまた筆者個人の話なのだが、インターネットなんてものとはとても縁がなかった当時、この2枚のCDを手に入れるのに非常に苦労した記憶がある。近所のインディーズにも強いCDショップの店長ですら、葛生千夏という名前を知らない。数少ない手がかりからようやく入荷してもらい、そのCDを手に取ったときの感激。さらにそこから溢れ出る音に圧倒されたのも、10年以上前の事ながら鮮明に覚えている。

 そして94年、ゲームソフト『アンジェリーク』の作曲を担当する。以後同シリーズとは深い関わりを持つようになり、シリーズのゲームミュージックのほかドラマCDの劇伴なども手がけていく。また、同年発売されたスーパーファミコン用ソフト『ファイナルファンタジーVI』では、テレビCM曲「FINAL FANTASY」を手がけ、大きな注目を浴びた。
 その後も多方面に活躍を続け、歌手活動やアニメーションのサウンドなどを手がけるなど、その才能を存分に発揮。1999年には、ゲームミュージック作曲家のオムニバスアルバムである『TEN PLANTS 2』に参加し、ひさびさに“ゲームミュージック作曲家”としての楽曲も提供した。

 しかし、あるときを境にぷっつりとその名は途絶えてしまう。
 噂によると、舞踏に表現の場を求めたとか、イギリスに留学したなど、いずれにせよ音楽活動からは遠ざかってしまったとのこと。だが、現在も彼女の名を記憶に留める人は多く、ミクシィにある「葛生千夏」コミュニティも参加人数は100人を超えている。
 ゲームミュージックのアレンジを端緒に、一人のアーティストに興味を持ち、それを追うことで知る事実。葛生千夏という縦糸と、ゲームミュージックという横糸が織りなす模様は、糸が増えれば増えるほどより複雑に、味わい深くなっていく。
 そんな楽しみもまた、ゲームミュージックならではなのかもしれない。

|

« 【19】我思う、故にアレンジあり | トップページ | 【9】TODを褒めよう――その前に『ゼビウス』を褒めよう! »

ゲームミュージック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211365/40333911

この記事へのトラックバック一覧です: 【20】歌姫は静かに降臨する:

« 【19】我思う、故にアレンジあり | トップページ | 【9】TODを褒めよう――その前に『ゼビウス』を褒めよう! »