« 【14】TODを褒めよう――RPGとしての評価 | トップページ | 【番外】49th Episode――アニメ版『ドルアーガの塔』完結 »

【15】TODを褒めよう――ゲーム・ミュージックの効能

 このゲームを支えた大きな魅力のひとつに、「音楽」が挙げられる。
 もとより、当時のナムコのゲームは、他社のゲームよりも「いい音」を出していた。1980年の『ラリーX』で世界初の“ゲームミュージック”を生みだし、また細野晴臣監修による世界初のゲームミュージック・アルバム『ビデオ・ゲーム・ミュージック』も、ナムコのゲームが題材となっている。それくらい、当時のナムコのゲーム音楽は優れており、一目を置かれる存在であった。

 当時のアーケードゲームにおいて、多く使われていたのは「PSG」と呼ばれる音源。これは基本的に3和音+ノイズという構成で、俗に言う「ピコピコサウンド」のイメージが強い(現在のチップチューンも、和音数はともあれ音色はPSGを意識したものが中心となっている)。
 しかし、ナムコはPSGとは異なる音源(カスタム音源と呼ばれることが多い)を用いており、これは最大8和音が出力できるというものであった。この性能を利したハーモニーは、当時のアーケードゲームにおいて際だった美しさを誇っており、それがナムコの作曲者陣の才能と相まって、レコード化に至るほどのクオリティを築き上げたわけだ。

 とはいえ、じつはナムコゲームのうちゲーム中にBGMを採用した作品は、それほど多くない。
 『ドルアーガの塔』の前年、1983年までのナムコゲームを分類してみると、以下のようになる。

●BGMあり
『ニューラリーX』『ディグダグ』『ゼビウス』『マッピー』『リブルラブル』
●BGMなし
『ワープ&ワープ』『ギャラガ』『ボスコニアン』『フォゾン』『ポールポジション』『スーパーパックマン』『パック&パル』『ポールポジションII』

 …分類が難しいものもあるが(『フォゾン』をBGMと呼ぶべきかどうか、etc.)、ファンファーレやゲームオーバー時の曲などをBGMに含まないと定義した場合、おおよそこのように分類されるだろう。
 こうして見ると、BGMのある作品が意外に少ないことがわかる。当時ゲーム・ミュージックとは、まだまだ珍しい存在だったのだ(ちなみに1983年当時の他社作品では、タイトー『エレベーターアクション』、アイレム『ジッピーレース』、コナミ『ジャイラス』などがBGMのある代表的ゲームと言えるだろう)。

 また、当時のBGMがついた作品群にしても、その曲数は決して多いものではなかった。上記分類中、『ゼビウス』はBGMが1種類しかなく、それ以外の4タイトルでもBGMは2種類まで(ちなみに『ドルアーガの塔』の直前にリリースされた『ギャプラス』では、特定の面のみBGMが付くため、「無音」と合わせると2種類と言えなくもない)。
 ただし、これは容量の都合や、それほど多くのBGMを必要としなかったという当時のゲーム内容もあわせて考えると、そう不思議な話ではない。なにせ、当時はBGMが付くことすら珍しいことであったのだから。

 そして、この『ドルアーガの塔』のBGM。
 フロアスタートの勇壮な序曲が流れたのち、力強いメインテーマが流れる。この時点で、ナムコゲームとしては『リブルラブル』に続く、常にBGMが鳴り続けるゲームとプレイヤーは認識するわけだ。
 ところが、階を進めて15階に入り、突如としてBGMが変化。迫力ある重低音のおどろおどろしい曲が、焦燥感を駆り立てる。果たして、その元凶たるクオックスの姿が見え、暴力的に吐き散らす紅蓮の炎に驚きと恐怖を覚える――初めて15階に来たプレイヤーなら、誰しもが同じような感覚を味わったことだろう。こうした演出に、BGMは大きく影響を及ぼしていることは間違いない。
 以後しばらく、通常のBGMとクオックス(他ドラゴン系)登場階のBGMの2種類で、ゲームは進行。これにより、BGMによってその階にドラゴン系モンスターがいるかいないか、という判断が付けられるようになっている。これもまたBGMの活用法としては前例のないものであろう。

 ところが、ゲームも大詰めの57階になって、さらに新しいBGMが流れる。それまでの勇ましいテーマ、不気味なドラゴン系のBGMとは異なる、美しい響き。そしてフロアには謎の物体(石)があり、それは鍵を取る前に扉を通過することで、見慣れぬ姿へと変貌する。カイと同じようなティアラをかぶり、ブルー・クリスタル・ロッドとおぼしき杖を持って、座っている謎の人影。綺麗なBGMと相まって、神々しい印象さえ持ってしまうところだが…これもまたBGMの成せる演出、と言えよう。
 迎えた59階では、またも新しいBGMが奏でられる。ドラゴン系の時以上に威圧的で恐ろしい響きは、最終決戦を彩るにふさわしい雰囲気を醸し出してくれる。そして60階で再び57階と同じBGMが流れ、そして…

 と、このように『ドルアーガの塔』では、ゲーム中のBGMが4種類もあり(しかもうち1曲は事実上“世界初のラストボス専用BGM”と言えるかもしれない)、さらにBGMを演出の一環として効果的に活用している。まだゲーム中のBGMが珍しかったこの時代に、ここまで先駆的な試みを行っていたことには、驚くより他はない。
 ナムコからは同年さらに『ドラゴンバスター』や『パックランド』が発売され、BGMの質と機能はますます洗練されていく。また他社もBGMに注目を始め、翌85年にはFM音源搭載のゲーム基板も登場。さらに家庭用ゲーム機・ファミリーコンピュータでは、1985年に『スーパーマリオブラザーズ』が大ヒットを記録し、そのBGMがプレイヤーの耳に深く刻み込まれることとなる。
 『ドルアーガの塔』はまさにその前夜、ゲーム・ミュージックの黎明期から大いなる発展を遂げる、重要な足がかりとなった作品と言えるだろう。

|

« 【14】TODを褒めよう――RPGとしての評価 | トップページ | 【番外】49th Episode――アニメ版『ドルアーガの塔』完結 »

ドルアーガの塔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211365/43216838

この記事へのトラックバック一覧です: 【15】TODを褒めよう――ゲーム・ミュージックの効能:

« 【14】TODを褒めよう――RPGとしての評価 | トップページ | 【番外】49th Episode――アニメ版『ドルアーガの塔』完結 »